ミニマリストの捨てる基準→

【月1,500円以下】スマホ代を格安で通話もデータも無制限にする方法

2022年7月より楽天モバイルが改悪され、この方法は利用できなくなりました。
次なる格安で快適なプランを以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
MAX2,255円!楽天モバイル改悪後はマイネオ&Povo2.0が強い【9割の人の最適解】 ・楽天モバイルが改悪されてスマホ会社を変えようか迷ってる・ずっと低速なのは嫌・電話はあんまりかけないし、LINE通話がメイン 今回はこんな悩みに答えていきます。 ...
スマホ迷子さん

データとか通話料とか気にせずに、スマホを安く使う方法ないかなあ。

今回はこんな疑問に答えていきます。

シンディー

どうも、シンディーです。
通話もデータも節約せずに毎月のスマホ代は1,000円前後です。

記事の内容
  • スマホは楽天×mineoが最強
  • 格安でデータも通話料も使い放題にする手順
  • 各通信会社のデメリット

格安スマホの会社が出てきたり、ahamoやpovoなどのリーズナブルでデータ量の多いプランも出てきましたが、痒いところに手が届かなっかたりします。

僕が実際に利用しているスタイルだと一度設定してしまえば縛りもなく、料金を気にせずスマホを使い倒す事ができます!

ちょっと面倒なところも解説していくので安心してくださいね。

それでは早速みていきましょう!

目次

スマホは楽天モバイル×mineo(マイネオ)が最強

結論から話していくとこの組み合わせをオススメする理由は以下の2つです。

  • 楽天モバイルは楽天Linkアプリを使うことで通話料無料
  • データ通信はマイネオのオプション「パケット放題Plus(月額385円)」に加入することで1.5Mbpsの速度で使い放題

こうする事で僕は毎月約1,000円でスマホを不自由なく使えています。

併用する前提条件

この方法は通信会社を2社契約して、同時に使う方法です。

SIMカードが2枚必要になるのでSIMカードを「2枚入れられるスマホ」か「物理SIM+e-SIM対応のスマホ」を用意してください。

デュアルSIM対応のiPhoneは以下のシリーズになります。

デュアルSIM対応のiPhone
  • iPhoneXR
  • iPhoneXS Max
  • iPhone11シリーズ
  • iPhone12シリーズ
  • iPhoneSE(第2世代)
  • iPhone13シリーズ

Androidは全部は分からないので、お使いであれば対応しているかどうか調べてみて下さい。

シンディー

持ってるスマホが未対応でも、毎月約1,000円になるなら買い換える価値大アリ!

楽天モバイルは本当に無料?

以前は3,300円の初期費用が発生していましたが、現在は全ての手数料が無料です。

  • 契約事務手数料
  • SIM発行手数料
  • SIM交換手数料
  • SIM再発行手数料
  • MNP転出手数料
  • 解約手数料

これら全て無料。

契約するのにお金がかからないうえに、解約もいつでも無料で出来ます。

既存のスマホの解約金はキャンペーンのポイントでカバー

乗り換えようと思っても今使っているキャリアの解約に手数料がかかる場合がありますよね。

楽天モバイルは電話番号を替えずに乗り換える「MNP」などを使って乗り換える場合など、最大20,000ポイントもらえるようなキャンペーンを開催しています。

楽天ポイントは使える店舗も多く、ほぼ現金として使えるので実質の解約金はキャンペーンのポイントで相殺できるどころかプラスになることのほうが多いです。

mineo(マイネオ)のデータ通信はちゃんと繋がる?

後述する気になる点で解説しますが、格安スマホ会社なので若干遅くなる時間帯はあります。

ですがその他は全く問題なく、docomo、SoftBank、auの大手3社から好きな回線を選んで利用できるので、繋がらないなどの心配は不要です。

また、今回メインで使う1.5Mbpsの速度がどれくらいか気になると思うので、実際に僕のiPhoneでYouTube動画を再生してみました。

動画下の読み込みバーを見ても再生に余裕で間に合ってるのが分かると思います。

楽天モバイル×mineoで通話もデータも使い放題にする5ステップ

ここからは使い放題にするためにやるべきことを解説していきます。

それが以下のステップです。

通話もデータも使い放題にする5ステップ
  1. 楽天モバイルを契約する
  2. 楽天linkのアプリを取得する
  3. mineoを契約する
  4. 「パケット放題Plus」を申し込む
  5. mineoスイッチをONにする

それぞれ解説していきますね。

STEP
楽天モバイルを契約する

楽天モバイルの公式サイトから楽天モバイルに申し込みます。

プランは1つしか無いので、迷うことは無いと思います。

SIMが物理SIMなのか、e-SIMにするのか決めておきましょう。

シンディー

僕はiPhone12miniでマイネオが物理SIM、楽天がe-SIMです!

楽天モバイル公式サイトはこちら

STEP
楽天Linkのアプリを取得する

楽天Linkのアプリは取得して1度使わないとキャンペーンの適用から外れたりする事があるので、しっかり使えるかどうかまで試しておく事をオススメします。

Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten Group, Inc.無料posted withアプリーチ

STEP
mineo(マイネオ)を契約する

マイネオの公式サイトから契約します。

  • プラン:Dプラン【docomo回線(回線が強くてテザリングも無料)】
  • タイプ:シングルタイプ(音声通話なしデータ通信のみ)
  • コース:Dプランシングルタイプ(データ容量は最も少ない1GBにする)

これでベースは毎月880円になります。

mineo(マイネオ)公式サイトはこちら

STEP
パケット放題Plusを契約する

オプションの「パケット放題Plus(月額385円)」に申し込みます。

オプションは後からでもサイトからすぐに申し込めます。

これで1.5Mbps(動画視聴ほぼストレスなし)の速度でデータ使い放題が出来るようになります。

STEP
mineoスイッチをONにする

パケット放題Plusを申し込んだら、忘れずにmineoスイッチをONにしておきましょう。

mineoスイッチとは?

データ節約モードのオンオフを切り替える機能。

節約モードにすることで通常より低速になるがデータ消費がカウントされなくなる。

スイッチをONにしておかないとデータが使い放題にならないので注意です。

マイネオスイッチをオンオフするにはアプリを取っておくと便利です。

mineoアプリ

mineoアプリ

OPTAGE Inc.無料posted withアプリーチ

アプリを開いたら下のボタンでONになっていたらデータ使い放題の設定が完成です。

各社の気になる点・デメリット

ここでは楽天モバイルとマイネオの実際に使っていて少し気になるポイントを解説していきます。

楽天モバイルの気になる点・デメリット

  • 地方に対してまだまだ回線が弱い
  • 楽天Linkで電話をかけるのが少し面倒

それぞれ解説します。

地方に対してまだまだ回線が弱い

僕は都心でもなければ田舎でもない地方都市に在住ですが、楽天モバイルの回線はまだ発展途上だと感じる事もあります。

ちなみに公式サイトの回線カバーエリアにはガッツリ入っています。

多分、障害物を貫通して電波が届きやすいプラチナバンドを楽天がまだ持ってないのが理由かと思います。

これは楽天も取得しようとしているでしょうから、待つのみですね。

シンディー

使いものにならなくなったとしても、使わなければ0円です!

楽天Linkで電話をかけるのが少し面倒

登録した連絡先に電話をかけたりするのはなんの問題も無いです。

ちょっと面倒くさいのが飲食店など、WEBページのリンクから電話を書ける場合。

リンクを押してそのまま電話をかけると普通の電話をかけてしまうので、リンクを長押ししてから「Link」をタップすると楽天Linkでかけることができます。

そのままかけてしまうと30秒20円の通話料がかかってしまうので注意です。

この一手間が無料の代償というわけですね。

ここから電話をかけましょう

mineoの気になる点・デメリット

  • 実店舗が少ない
  • 12〜13時などのゴールデンタイムに速度が落ちる時がある

こちらもそれぞれ解説します。

実店舗が少ない

最近はahamoやpovoなどオンライン専用の申し込みプランも出てきましたが、まだまだ実店舗で契約したい方も多いと思います。

ですがマイネオもオンラインの方が強く、僕の住んでいる地域もマイネオの店舗は1つしかありません。

それだけ人件費を抑えられるから安くなる」と割り切るのも大事かもしれませんね。

12〜13時などのピークタイムに速度が落ちる時がある

格安スマホ会社によくあるのがピークタイムに通信速度が落ちる減少。

マイネオも例外なく感じることがあります。

平日12〜13時などの使用者が多い時間帯に少し遅くなったりしますが、コスパを考えれば許容範囲。

その時間に動画などを見たいなら、朝のうちに家のWi-Fiで一時保存しておくだけで快適に見れます。

地方在住の人はmineoの電話プランも契約しておくと安心ではある

楽天モバイルの気になるところで説明したとおり、地方で通話をする時に楽天Linkだと回線が弱くて聞こえにくい時があります。

全く通話出来ないわけではないですが、多少ストレスは感じます。

仕事でも使うなど、電話回線は快適にしておきたい場合はマイネオでも電話出来るように契約しておくといいです。

データ通信のみのシングルタイプ(1GB)なら880円ですが、音声通話も有にしたデュアルタイプ(1GB)なら1,298円です。

パケット放題Plusの385円と合わせて1,683円と、それでもかなり安いですからね。

繋がりやすいマイネオの電話番号をMNPで引き継ぐのも良し。

楽天モバイルの電話番号をMNPで引き継いでキャンペーンでポイントを沢山もらうのも良しです。

デュアルタイプで申し込む場合のみ、以下のボタンから飛べば紹介という事で1,000円分の電子マネーが貰えます。

まとめ:固定費は出来るだけ下げてもっと好きなことにお金を使おう!

楽天モバイル×マイネオを使う節約術について解説していきました。

まずデュアルSIM対応のスマホを用意することが絶対条件でしたね。

毎月が何千円も安くなることを考えれば、多少なら残債が残っていても買い換えてしまうほうがお得になるケースが多いです。

デュアルSIM対応スマホを用意したら次にするのが以下の5ステップ。

通話もデータも使い放題にする5ステップ
  1. 楽天モバイルを契約する
  2. 楽天linkのアプリを取得する
  3. mineoを契約する
  4. 「パケット放題Plus」を申し込む
  5. mineoスイッチをONにする

これで完成。

1.5Mbpsという速度は実際に動画で確認したとおり、特にストレスなく通信できる速度だったと思いますが、ピークタイム等は速度が落ちることもあるので、Wi-Fi下で一時保存しておくなどの対策をしておくとノンストレスです。

せっかく楽天を使うなら、楽天経済圏にどっぷり浸かった方が旨味があるので、それも視野に入れてみてくださいね。

それでは!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アイドル好き妻と小さい子供と暮らすミニマリスト。シンプルライフを追求する中で自身がHSS型HSPであることに気付く。心穏やかに暮らせるためにサイドFIREを目指している。いつまでも家族で遊べるように健康管理とボディメイクに夢中。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次